日本最大級!外食産業の食品・飲料・設備・サービスが一堂に集結する商談展示会

外食ビジネスウィーク

2021年107日(木)・8日(金) [会場]東京ビッグサイト 青海展示棟

  • icon
  • 出展のお問合せ
  • icon
  • 来場事前登録はこちら

2021年107日(木)・8日(金)

  • [会場] 東京ビッグサイト 青海展示棟
  • アクセス

スペシャルセミナー 聴講無料

SEMINAR

業界の最新情報や問題・課題解決などafterコロナに向けて
“イマ”知りたい情報をお届けします。
オンラインでは味わえない臨場感が体感できる
展示会場内のセミナーにご期待ください!

Special seminar スペシャルセミナー

※セミナー会場は、東京ビッグサイト青海展示棟です。

※事前申込不要。直接会場へお越しください。
※聴講無料ですが、入場者バッジデータを取得させていただきます。
※都合により、講師・内容の変更がある場合がございます。
※写真・動画撮影、録音は原則禁止とさせていただきます。
※セミナー講師や企業より各種ご案内をお送りさせていただく場合がございます。
※新型コロナウイルス感染症対策を講じ、安心・安全な環境で実施いたします。

最新の製品やサービスをご提案させていただく「プレゼンテーションセミナー」も同時開催します。
詳細はこちら

オレンジ色⋯聴講対象 ピンク色⋯セミナーキーワード

10月7日(木)

10月7日(木)10:30 ▶︎ 11:30
外食中食売上UPデリバリーテイクアウト

ポストコロナを見据えた、NEXT飲食店経営

(株)E-MATE(CRISPY CHICKEN n' TOMATO)ファウンダー
清水 浩炳 氏

(株)ガネーシャ代表取締役
本田 大輝 氏

(株)ケイノーツ代表取締役
竹田 クニ 氏

詳細 ▼

コロナ禍を追い風に、急速に出店を増やし続ける韓国フライドチキン“CRISPY CHICKEN n' TOMATO”の清水氏と、本格的な和牛を楽しめるプレミアムバーガー店“SHOGUN BURGER”を展開する本田氏。飲食業界の常識に囚われず、コロナ禍でも成長を続ける2人に、長年飲食業界に携わる竹田氏が切り込みます。
コロナ禍でも儲かる秘密やからくり、アフターコロナでも選ばれるための飲食店経営についてトークセッションしていただきます。

清水 浩炳 氏 プロフィール

1994年生まれ。神奈川県横浜市出身。
2018年12月CRISPY CHICKEN n' TOMATO 創業者。シェアリングブランドサービスをローンチし、208店舗展開。(※2021年5月時点)店舗型としても、拡大を図っていく。

本田 大輝 氏 プロフィール

1987年 富山県富山市出身。2015年4月“SHOGUN BURGER”創業者。 和牛ハンバーガースタンドとして6店舗展開。1987年創業の焼肉店 “大将軍”や“SHOGUN PIZZA”という多様な外食ブランドを立ち上げる。

竹田 クニ 氏 プロフィール

日本フードサービス学会 会員
日本フードビジネスコンサルタント協会 専務理事
ホットペッパーグルメ外食総研 エヴァンジェリスト
早稲田大学校友会 料飲稲門会 常任理事

(株)リクルートで人材採用教育事業、旅行情報事業の営業責任者、地域活性事業のプロデューサーを経験の後、2011年に飲食情報事業のシンクタンク、現・外食総研の初代センター長に就任。
現在は外食マーケティングのスペシャリストとして(株)ケイノーツを設立。
マーケティング、消費者の価値観変化、生産性向上などをテーマに記事執筆、講演、官庁自治体への政策提言活動など行うほか、外食、中食、給食を結ぶBtoBマッチングも手掛けている。同時に「ホットペッパーグルメ外食総研」エヴァンジェリストとしての活動も継続して行っている。

竹田 クニ 氏 著書

  • 「外食マーケティングの極意」
    (言視舎)
  • 「食品業界のしくみとビジネスが
    これ1冊でしっかりわかる教科書」
    (技術評論社)
10月7日(木)12:00 ▶︎ 13:00
外食育成・研修商品開発経営論NPO法人 居酒屋甲子園 プレゼンツ

飲食店におけるコロナ禍の
あり方(人材教育)とやり方(商品開発)

(株)てっぺん 代表取締役社長
NPO法人 居酒屋甲子園 専務理事
和田 裕直 氏

(株)イタリアンイノベーションクッチーナ 取締役社長
NPO法人 居酒屋甲子園 関東第一地区 副支部長
青木 秀一 氏

詳細 ▼

人材育成に定評のある和田氏、商品開発の天才 青木氏が経営のバトンタッチを経て、次に何をなすのか、今後会社をどうしていきたいか、それぞれの得意分野と今後について迫ります。和田氏にはコロナ禍でのスッタフのモチベーション維持のためにしている事、業態開発が絶好調の青木氏には開発秘話についてもお話しいただきます。
料理人であり、独立願望が強かった2人が創業ではなく、事業承継を選んだ理由やその覚悟は、経営者を目指す若手スタッフ必見です!

和田 裕直 氏 プロフィール

1987生まれ
フランスにある三つ星レストラン「Regis et Jacques Marcon」で修行後、恵比寿 一つ星レストラン「Le jeu de l’assiette(現 A nu, retrouves-vous owner chef)」で修行。 22歳で「てっぺん」に出会い、居酒屋の魅力と人が輝いて働くことの重要性を知る。
店長、総料理長を経て、現在 社長として社員の可能性およびお客様 へ 感動を追求し続ける。

青木 秀一 氏 プロフィール

幼少期から料理人になることを夢見て中学卒業と同時に飲食店でのアルバイトを開始。
18歳で「TOSCANA」と(株)イタリアンイノベーションクッチーナ 四家社長(現会長)と出会い上京。
店長、人事部長、営業本部長を経て、現在に至る。
第14回居酒屋甲子園全国大会 準優勝
『料理を通して関わる人を幸せにし未来を創る』
理念を体現する店づくりと人づくりに挑戦し続け、街に愛される飲食店を目指す。

10月7日(木)13:30 ▶︎ 15:00
外食集客新市場低アルコール・ノンアルコール

酒を飲まない「ゲコノミクス®」市場の可能性と
「多様性」に対応した飲食店の進化

レオス・キャピタルワークス(株)代表取締役会長兼社長 最高投資責任者(CIO)
藤野 英人 氏

(株)LLFC代表取締役
茂木 秀夫 氏

(株)ケイノーツ代表取締役
竹田 クニ 氏

詳細 ▼

酒を飲めない・飲まない人口は、日本人の約半数を占め、若年になるほどその傾向は高い。
彼らが外食で感じる「不便」「不都合」とは何だろうか?
日本の外食産業は、飲酒習慣を前提とした業態、メニュー、運営が多く、
それゆえ「ゲコノミクス」という巨大市場は今後大きな可能性があると考えられます。
酒が好きな人、飲めない人、飲みたくない人…、それぞれが楽しめる店とは何か?
本セミナーでは、この巨大市場を開拓する着眼点と戦略を探ります。

藤野 英人 氏 プロフィール

1966年富山県生まれ。1990年早稲田大学法学部卒業、野村投資顧問入社。以後96年よりジャーデン・フレミング投信・投資顧問(現JPモルガン・アセット・マネジメント)、2000年よりゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントにて、ファンドマネジャーを歴任。特に中小型株および成長株の運用経験が長い。2003年独立し、レオス・キャピタルワークス株式会社を創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託を運用。一般社団法人投資信託協会理事。投資教育にも注力しており、JPXアカデミー・フェロー、東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、叡啓大学客員教授も務める。近著に、『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ!』(日本経済新聞出版)、『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』(マガジンハウス)。

藤野 英人 氏 著書

  • 「ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ!」
    (日経BP 日本経済新聞出版本部)

茂木 秀夫 氏 プロフィール

(一社)フードビジネスコンサルタント協会 理事
辻調グループ エコール辻東京 非常勤講師
NPO法人 日本ホスピタリティ推進協 ホスピタリティコーディネータ
日本HACCPトレーニングセンター HACCPコーディネーター

1997年に株式会社ワンダーテーブルへ入社、イタリアン業態のサービススタッフに従事し、2000年からは支配人職を務める。その後の2003年に同社を退職、米国ロスアンゼルスへ語学留学する。
2006年に同社へ再入社し、ユニオンスクエア東京、オービカ モッツァレラバーなど海外誘致ブランドの総支配人、統括マネジャーを務める。2017年に同社を再退職し、外食コンサルティング企業を設立。店舗マネジメント、人材教育、ホスピタリティ研修などの支援業務を行なっている。

竹田 クニ 氏 プロフィール

日本フードサービス学会 会員
日本フードビジネスコンサルタント協会 専務理事
ホットペッパーグルメ外食総研 エヴァンジェリスト
早稲田大学校友会 料飲稲門会 常任理事

(株)リクルートで人材採用教育事業、旅行情報事業の営業責任者、地域活性事業のプロデューサーを経験の後、2011年に飲食情報事業のシンクタンク、現・外食総研の初代センター長に就任。
現在は外食マーケティングのスペシャリストとして(株)ケイノーツを設立。
マーケティング、消費者の価値観変化、生産性向上などをテーマに記事執筆、講演、官庁自治体への政策提言活動など行うほか、外食、中食、給食を結ぶBtoBマッチングも手掛けている。同時に「ホットペッパーグルメ外食総研」エヴァンジェリストとしての活動も継続して行っている。

竹田 クニ 氏 著書

  • 「外食マーケティングの極意」
    (言視舎)
  • 「食品業界のしくみとビジネスが
    これ1冊でしっかりわかる教科書」
    (技術評論社)
10月7日(木)15:30 ▶︎ 16:30
外食商品開発SNSコラボレーション

SNS・商品開発・コラボレーションで
メディアに注目される方法

THANK(同)代表社員
田邉 雄二 氏

詳細 ▼

ラーメンTHANKがコロナ禍においてもメディアに注目される、健康志向の商品開発と商品コンセプトや他業態とのコラボレーションやSNSの活用方法を紹介します。具体的には、
①チリトマラーメンTHANKのコンセプトと商品開発
②アスリートも食べられるラーメンのコンセプト
③鶏ポタラーメンTHANKが女性にうけるわけ
④コラボレーション事例
⑤SNSの活用方法
⑥今後のコラボと展開
⑦メディアからの注目のされ方

プロフィール

1999年から2002年までNYへ留学し、国際ビジネスを学ぶ。
日本のラーメンを世界に拡めたいと思い最初にNYにある寿司店AKIに入社。その後、帰国し、せたが屋ラーメンに入社し8ヶ月後にせたが屋NY店店長として派遣される。2012年に独立し現在の鶏ポタラーメンTHANKを開業。 現在は鶏ポタラーメンTHANK大門店・お茶の水店とチリトマラーメンTHANK大門店の3店舗を「食を通じて幸せにしていく」をモットーに経営している。2020年からラーメンで世界を感じるマイクログルメジャーニーをスタートしSNSのインフルエンサーを活用して新しいスタイルを追求している。

10月8日( 金)

10月8日(金)10:30 ▶︎ 11:30
外食中食小売商品開発地域振興ご当地レトルトカレー

「あたらしさ」より「らしさ」で伝わる
ご当地レトルトカレーの作り方

(一社)ご当地レトルトカレー協会代表理事
猪俣 早苗 氏

詳細 ▼

簡単に見えて実はとても難しい、ご当地レトルトカレーつくり。
激戦市場で埋もれさせないためのポイントは伝えたいことをハッキリさせること。言うのは簡単だけどどうするのか?
ヒントは「難しいけれど面白い、その面白さはカレーという食べものの枠を超えたところにある」です!
専門店を運営し、2500種類以上食した専門家としての経験をふまえて、伝えたい魅力や伝えたい思いをのせた商品づくりに大切なポイントをお伝えいたします。

プロフィール

2013年 お土産にもらったカレーがきっかけで、ご当地レトルトカレーマニアに
独自の視点とルートで仕入れた商品が並ぶ日本で唯一の専門店「カレーランド」運営
もっとこだわりたくて2017年12月(一社)ご当地レトルトカレー協会設立
毎年3月2日をご当地レトルトカレーの日に制定
ご当地レトルトカレーについて持つ幅広い知識とノウハウを活かして、多数のメディア出演と商品監修を手掛ける
カレー好きではないからこそ気づいたご当地レトルトカレーの魅力を伝えている

10月8日(金)12:00 ▶︎ 13:00
外食商品開発集客SNS

コロナだからこそ気づいた、今どきの人材育成

長岡商事(株)代表取締役社長
前川 弘美 氏

詳細 ▼

人気イベント“FUJI ROCK”に毎年出店、ラムチョップ販売本数150万本を誇る“下町バルながおか屋”の代表、前川氏による 聞けばHAPPYになれるセミナーです。
コロナ禍で始まった「羊の学校」が生み出したものは、感動的な新商品だけではなく、社員力UP、モチベーションUPにも繋がりました。
社員のモチベーション維持や研修・教育方針にお悩みの方必見です!
明日からミーティングを楽しくしませんか?

プロフィール

杉野女子大学家政学部服飾学科卒業後、アパレルデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者を経て、2006年長岡商事株式会社に入社。2009年かぶりつきラムチョップの「下町バルながおか屋」を開店。高級食材の仔羊を手で持って気軽に食べるスタイルを提案。下町のソウルフード目指し焼き鳥に並ぶ日本食文化を築き上げたいと意気込むものの苦戦するが、POPや地域密着マーケティングで認知度を高め、創業5年目に年間10万本を達成。その4年後には年間25万本以上の看板商品となった。2011年に飲食で地域活性イベント「食べないと飲まナイト」を上野・湯島で開催、外食アワードを受賞。2014年代表取締役就任。コロナ禍では人材育成にチカラをいれた経営。「私たちは、笑顔と喜び=HAPPYを提供し続けます」を実践。

10月8日(金)13:30 ▶︎ 15:00
外食集客ニューノーマルの接客術S1サーバーグランプリ プレゼンツ

コロナ禍で求められる接客サービス
~今日から使えるサービススキル大公開~

銀座 ごち惣家 店主
NPO法人 繁盛店への道 S1サーバースクール 校長
布施 知浩 氏

(株)ダイヤモンドダイニング営業本部executive manager
兼 第一営業本部第四事業部manager
笠松 美樹子 氏

(株)一家ダイニングプロジェクト NPO法人 繁盛店への道
チーフおもてなしオフィサー S1スクール講師
奥田 英里 氏

詳細 ▼

複数回に渡る緊急事態宣言や酒類提供禁止など、苦戦を余儀なくされている外食業界。
コロナ禍で一変した飲食業界の中で、サービスはどう変わっていったのか。
また、普遍的なサービスはどう進化させていくのかを3名のトップサーバーが議論します。
安心して過ごしてもらうための工夫、“今だからこそ”できる・やるべきサービス、
サービス力を向上するためには?リピートしてもらうために必要なことなど、
すぐに使えるニューノーマルの接客術をわかりやすくお伝えします。

布施 知浩 氏 プロフィール

NPO法人繁盛店への道 理事
S1サーバースクール 校長(繁盛店への道 内)
銀座 ごち惣家 店主/サーバー

第4回S1サーバーグランプリ優勝者として、毎日自身の運営する営業の現場に立ちながら現代の顧客心理を観察し、接客の仕組みを体系化。
自身のお店の顧客満足度で証明された(2016年度 顧客満足度覆面調査全国1位)現代的接客ノウハウを活かし、大手外食企業でも接客コンサルティングとして活動。
(日本ソムリエ協会 認定 SAKE DIPLOMA)

布施 知浩 氏 著書

  • 「また会いたくなるサービスと接客の極意」
    (商業界)

笠松 美樹子 氏 プロフィール

大阪府出身。
メイクの仕事から2013年に飲食業界に転職し、(株)ダイヤモンドダイニングに店長として入社。
2014年「第9回 S1サーバーグランプリ」にて、過去最高の900名を超えるエントリーの中、全国大会へ勝ち進み、日本のベストサーバーとして優勝。
新卒研修店舗のトレーナー業務を経て、2015年ダイヤモンドダイニンググループのエグゼクティブサーバーとして、企業全体のサービスレベル向上を図るべく、サービス研修やトレーニングの実施、店舗サービス改善、社内接客グランプリ大会の実施運営を通じて、スタッフ育成・マネージメント指導に従事。
同大会においても10回、12回では、エントリー企業の中で、出場者のサービスレベルの平均点が最も高かった企業として、企業賞を受賞。
外食業界におけるサーバーの地位向上を目指し、社内外問わずセミナーや企業研修なども行っている他、他業種の接客研修、スタートアップトレーニング、企業CS向上の為のサービストレーナーとして積極的に活動。コロナ禍において昨年9月より、同社営業部に異動兼任し、日々現場の最前線に立ち店舗作り、人材育成にも、尽力している。

奥田 英里 氏 プロフィール

学生時代:チアダンス日本代表で世界大会出場
マクドナルドAJCCにて千葉茨城代表に選ばれる
2012年3月:S1サーバーグランプリ四国地区代表 準優勝
2014年2月:(株)一家ダイニング入社
2015年1月:The Place of Tokyo異動
ウェディングプランナーへ転身し年間成約率トップの成績を残す
この間『女将奥田流”おもてなし人”への道』として
社内SNSで全社におもてなしノウハウを毎日発信
2016年4月:ブライダルアシスタントマネージャー就任
2017年6月:COOに就任し両事業部のおもてなし向上
現在は社内でのトレーニングを中心に
ブライダル、飲食と業界問わずセミナーを行っている

10月8日(金)15:30 ▶︎ 16:30
外食業態開発ブランディングコロナ関連

中華・韓国業態が熱い!ビブグルマン獲得店舗のオーナーが語る、コロナ禍でも強い業態づくり

(株)SOME GET TOWN代表取締役
山崎 一 氏

マニアプロデュース(株)代表取締役社長
天野 裕人 氏

DOON代表
益子 雄児 氏

詳細 ▼

餃子、小籠包、北京ダックとカジュアル中華業態の繁盛店を次々と生み出しているマニアプロデュース 天野社長と、参鶏湯専門店「韓国食堂入ル」を大阪・東京で展開しているSOME GET TOWN 山崎社長、ミシュランビブグルマン掲載店のオーナー2人に「コロナ禍でも強い業態作り」のノウハウや今後の店舗展開についてお話いただきます。
モデレーターは長年外食業界を支え続け、今年独立を果たした益子氏。公私ともにお付き合いのある3人のトークにご期待ください。

山崎 一 氏 プロフィール

(株)SOMEGETTOWN代表取締役。1981年大阪府生まれ。大学卒業後、スポーツ商社を経て、28歳で全く経験のなかった両親が経営する飲食店に入る。そこから飲食を勉強しはじめ、親から事業を引き継いだ後に、大阪・福島にある『韓国食堂 入ル』を皮切りとして店舗展開をはじめる。飲食の既存の商慣習や文化に捉われることなく、理念を絶対的なベースにし、スタッフ個人の人間力の成長にフォーカスした店舗運営を行う。大阪と東京の2店舗共に、ミシュランガイドのビブグルマンに選出されている唯一の企業。

天野 裕人 氏 プロフィール

大学を卒業後、(株)エーピーカンパニーに入社。11年在籍し、役員に昇格。中国担当となり、中国進出の足場を固めたあと、2016年12月に同社を退職。
2017年4月に起業し、西荻窪に“餃子マニア”をオープン。
翌年、東京ミシュランビブグルマンに選出。
2019年、プロデュース事業を開始。
仙台にFC1号店 高橋と餃子をオープン。

現在直営6店舗、FC9店舗

益子 雄児 氏 プロフィール

大学卒業後、新卒でヤマシステム開発(株)入社。
外食業界向けASPサービスをゼロから立ち上げ、約1000店舗に導入。
2008年より覆面調査サービス「ファンくる」を運営する、(株)ROIに入社。
営業マネージャー、営業責任者、取締役を経て、2017年より代表取締役社長に就任。
3年で業績を3倍に向上させる。
2021年に独立。DOONを創業し、外食支援企業の5社のコンサルティングを行なっている。

  • (講師名・敬称略)

\ 全国でフードビジネス展示会を主催 /

外食・中食・小売の販路拡大をする為の食品・飲料・設備・サービスが集結する商談展示会です。

関東・関西・九州・沖縄の全国で開催いたします。

東京

日本最大級!
外食産業の食品・飲料・設備・サービスが一堂に集結する商談展示会

会期
2021年10月7日(木)~8日(金)
会場
東京ビッグサイト 青海展示棟
東京

全国の地域性豊かな食材・飲料を首都圏へ販路拡大し、
外食・中食・小売バイヤーへアプローチできる商談と学びの展示会!

会期
2021年10月7日(木)~8日(金)
会場
東京ビッグサイト 青海展示棟
福岡

九州最大級!小売・中食・外食業界の販路拡大をする為の商談展示会

会期
2021年11月10日(水)~11日(木)
会場
マリンメッセ福岡
大阪

関西発!
外食・中食・小売業界を網羅する、フードビジネスの商談展示会

会期
2022年1月26日(水)~27日(木)
会場
インテックス大阪
沖縄

沖縄初!
小売・中食・外食業界の販路拡大をする為の商談展示会

会期
2022年2月21日(月)~22日(火)
会場
沖縄コンベンションセンター